トップ > 観光情報 > 神の子池

神の子池

神の子池                                                                                                                                                                                

神の子池の概要

摩周湖の地下水によってできたと言われている青い清水を湛える池です。
摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水からできているという言い伝えで「神の子」池と呼ばれます。
 

摩周湖が他の湖と大きく違うのは、湖に流れ込む川も、湖から流れ出す川もないことです。
それでいて、春、摩周湖にたくさんの雪解け水が流れ込む時期になっても水位が変わらないのは、湖の周辺に伏流水を湧き出させているからなのです。
 

神の子池の伏流水は1日12,000tも湧き出しています。周囲220m、水深5mの小さな池で、水が澄んでいるので底までくっきりと見えます。
 

水温が年間通して8℃と低く、倒木が青い水の中に腐らずに化石のように沈んでいます。
その隙間を朱色の斑点を持つオショロコマが泳ぐ景観は何ともいえない不思議な美しさです。
 

まだ観光地化が進んでいないので、ガイドブックにもあまり載っていません。
人の手をあまり入れず、このままそっと残しておきたくなる清里の穴場的名所です。
 

交通

清里町市街より道道摩周湖斜里線を中標津方面へ25kmのところからハトイ林道へ右折し、約2km林道を進んだ地点の林道入口に「神の子池」の看板がたっています。


※冬期間は除雪しておりません。(5月すぎまで雪が残っていることがあるので注意)
※ハトイ林道は未舗装の為、道路状態が悪く、お車でお越しの場合は十分注意をお願いします。
 また、悪天候の後にお車でお越しの場合にも十分注意をお願いします。 

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課地域振興グループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-3601 FAX:0152-25-3571

きよさと観光協会 電話:0152-25-4111

更新情報

ページの先頭へ