• 文字色
  • 文字サイズ

トップ > お知らせ > 2020年 > 新型コロナウイルス感染症に関連した人権相談窓口および法務大臣メッセージについて

新型コロナウイルス感染症に関連した人権相談窓口および法務大臣メッセージについて

 新型コロナウイルス感染症に関連した人権相談窓口および法務大臣メッセージ

 法務省の人権擁護機関では、差別やDV、虐待等の様々な人権問題について電話やインターネットで相談を受け付けています。また、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別、偏見、いじめ等の被害に遭った方からの人権相談を受け付けています。新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者・濃厚接触者・医療従事者等に対する誤解や偏見に基づく差別はけっしてあってはなりません。

 新型コロナウイルス感染症に関連した人権問題に対して、法務大臣からメッセージが発出されていますので、ぜひ、YouTube法務省チャンネル(https://youtu.be/RYS00qCxo-0)をご覧ください。

困ったときはひとりで悩まず、ご相談ください。

■みんなの人権110番 0570-003-110

■子どもの人権110番 0120-007-110

■女性の人権ホットライン 0570-070-810    

清里町担当の人権擁護委員は、畠山英樹氏・山本真弓氏です。

 

 

 

お問い合わせ先

清里町役場保健福祉課福祉介護グループ
〒099-4405 北海道斜里郡清里町羽衣町35番地
電話:0152-25-3847 FAX:0152-25-2137