トップ > 行政情報 > マイナンバー制度 > 通知カード・個人番号カードについて

通知カード・個人番号カードについて

マイナンバー制度のスケジュール

10月 個人番号が入った「通知カード」が届きます。

  12桁の個人番号の通知が地方公共団体情報システム機構(J-LIS)から全町民に簡易書留郵便で送られてきます。

  ※通知カードは絶対に捨てないでください。

  通知カードはこのようなものです↓

          

 

「個人番号カード」を作成する方は申請が必要です。

個人番号カードとは…写真入りの公的な身分証にもなる、個人番号確認を簡潔に行えるカードです。

個人番号カードが必要な方は例えばこんな方

   →役場の手続の書類の用意が煩わしい、顔写真入りの公的証明書が欲しい、オンライン申請を利用する。

個人番号カードが不要な方は例えばこんな方

   →役場で手続する機会が少ない、オンライン申請しない、紛失が心配。

※「個人番号カード」を申請する方は、通知カードに同封されている申請書に申請日、申請者氏名を記入し、押印、顔写真を添付して返送してください。

個人番号カードの申請書はこのようなものです↓

      

 ※申請書のQRコードを読み取ることで、スマートフォン等からも交付申請ができます。

  専用のWEBサイトに接続しますので、必要事項を入力し、写真を撮影し、添付して申請してください。

 

 平成28年1月から個人番号カードは役場で受け取り開始となります

 個人番号カードを申請した方は、平成28年1月から通知カードの受取案内のはがきを送付いたします。

 受取案内のはがきが到着しましたら、以下の書類を持参し役場にお越し下さい。交付は無料です。

 必要書類

 ・受取案内のはがき ・通知カード ・本人確認書類(免許証等)

個人番号カードはこのようなものです↓

   

 

個人番号カード申請のメリット 

個人番号カードには以下のメリットがあります。

①役場窓口の申請関係で提出書類を簡略化できる。

  →各種申請(町営住宅申込等)の際に住民票や所得証明書の提示が省略できます。

②本人確認の際の公的な身分証明書として使える。

  →口座開設やパスポートの発行などの場面で本人確認の書類として便利です。

③行政手続きのオンライン申請に利用できる。

  →e-TAX等のオンライン申告に対応していますので、手続きが身近で便利になります。

④民間のオンライン取引が申請できる。

  →銀行などのインターネットをはじめとしたオンライン取引利用時の電子証明書として利用できます。

 

※個人番号カードに内蔵されるICチップには、本人の「マイナンバー」、「氏名」、「住所」、「生年月日」、「性別」、「顔写真」などが記録されます。

 ただし所得情報などのプライバシー性の高い個人情報は、個人番号カードに記録されません。

お問い合わせ先

清里町役場総務課総務グループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2131 FAX:0152-25-3571

更新情報

ページの先頭へ