トップ > 行政情報 > 計画 > 清里町第5次総合計画(後期5ヵ年計画)

清里町第5次総合計画(後期5ヵ年計画)

第5次清里町総合計画    第5次清里町総合計画ダイジェスト版

総合計画の趣旨

 総合計画は、私たちが目指す将来のまちの姿を明らかにし、その実現に向けたまちづくりの方針と方向性そして、基本的な行政の取り組みを定める長期計画であり、住民と行政との協働により、将来像に向けて一歩ずつ着実に歩んでいくための“まちづくりの指針”となるものです。

第5次総合計画後期5ヵ年計画の策定

 清里町では、平成23年3月に「第5次清里町総合計画」を策定し、将来像である「人と自然がともに輝き躍動するまち~清里町の未来を拓く、協働・共生・共創のまちづくりプラン~」の実現に向けて、基本計画(平成23年度~平成27年度)に基づき各施策に取り組んでおります。

 一方で、地方分権や規制緩和の推進により、自己決定の原則のもと、地方の自主性、自立性を強化したまちづくり、多様化する住民ニーズなど時代の大きな転換期を迎え、住民と行政が互いに協力するパートナーシップによるまちづくりが求められています。

 そこで、平成27年度で基本計画の前期5ヵ年が終了することを機に、その進捗状況や実績を検証するとともに、時代の潮流や社会経済情勢などに対応した基本計画の見直し、平成32年度を目標年次とする後期5ヵ年計画を策定しました。

第5次清里町総合計画の目指すもの

 この計画は、清里町が目指す将来像と基本的な方向を総合的に示すとともに、その実現に向けた施策の体系を明らかにし、まちづくりにおける町民全体の共通目標や町政の基本指針となる町の最上位計画です。

 後期5ヵ年計画では、人口減少対策に向けて、特に若い世代の定住促進、産業による地域活性化、保健・医療・福祉の連携による町民の暮らしの安全・安心などに取り組んでいきます。

 また、平成27年に策定した総合戦略は、本計画の将来像や基本目標をもとに、人口減少問題対策に特化した施策・事業を数値目標とともに示す計画となっており、毎年見直される総合戦略の実施事業は、本計画の実施計画に反映します。

大きな基本目標は次の5つとして取り組みを進めます。

  1. 協働と共生で築く自立のまち
  2. 自然と共生する安全・安心な環境のまち
  3. 共に支えあい、一人ひとりの命と暮らしを大切にするまち
  4. 活力にあふれ、豊かな地域を創る産業のまち
  5. 豊かな心と文化を育てる、学びと交流と人づくりのまち

総合計画書をご覧いただけます

 第5次清里町総合計画書と第5次清里町総合計画「概要版」を閲覧(ダウンロード)できます。

第5次総合計画(後期5ヵ年計画)PDFファイル(4884KB)

第5次総合計画(後期5ヵ年計画)(概要版)PDFファイル(1620KB)

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

更新情報

ページの先頭へ