トップ > 行政情報 > ふるさと寄附金制度 > ふるさと納税ワンストップ特例制度

ふるさと納税ワンストップ特例制度

 ふるさと寄附金(納税)による税の軽減を受けるためには確定申告を行っていただくことが必要ですが、平成27年度の税制改正により「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。

 「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の適用が受けられる方については、寄付先の自治体(清里町)へ申請を行い、清里町が寄付された方の住所地の市区町村へ控除申請を代行することで個人住民税の控除を受けることができる制度です。

 確定申告をされる場合は所得税と個人住民税から軽減を受けることになりますが、ふるさと納税ワンストップ特例制度の適用を受ける方は、所得税からの還付は発生せず個人住民税からの控除で税の軽減が行われます(ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う個人住民税が軽減されます)。

 

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」適用対象者

1 もともと確定申告をする必要のない人(給与所得者など)

2 ふるさと納税の納付先が5つまでの人

 

特例制度の適用を受けるには

 「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を寄附先の自治体(清里町)に提出する必要があります。

 「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の適用が受けられる方で、この制度による寄附金税額控除を申請される方は、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書PDFファイル」(省令様式第55号の5)に記入・捺印のうえご返送ください。また、なりすまし防止のために、「個人番号確認の書類」と「本人確認の書類」のコピーも合わせてお送りください。

個人番号・本人確認書類一覧
 

「個人番号カード」をお持ちの方

「通知カード」をお持ちの方

「どちらもない」方

個人番号確認の書類

個人番号カード裏面のコピー 通知カードのコピー

個人番号が記載された住民票の写し

本人確認の書類

個人番号カード表面のコピー

写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できる身分証のコピー

・運転免許証

・旅券(パスポート)

・身体障害者手帳  など

写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できる身分証のコピー

・運転免許証

・旅券(パスポート)

・身体障害者手帳  など

 

 なお、提出済みの申請書の内容に変更(転居による住所変更など)があった場合、ふるさと納税をした翌年の1月10日までに寄附先の自治体(清里町)へ変更届を提出する必要があります。変更届出書の詳細は企画政策課まちづくりグループまでお問い合わせください。

ダウンロード


Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

更新情報

ページの先頭へ